SAKASHIMA

32歳サラリーマンが日々感じた様々な出来事を綴るBlog!!!!!

To a person that may save someone

今週のお題「2016上半期」

f:id:dadadisco:20160626210341j:plain

もうすぐ休日が終わる。

てゆーか、もうすぐ2016年の上半期が終わる。

皆さんは2016年の上半期いかがお過ごしだったであろうか?

 

個人的には、なかなか激動の上半期だった。

 

すげーいい上司が転勤になったり、

後輩が増えたり、

売上目標がすげー増えたり、

すげー大変だけど大きな仕事が舞い込んだり、

あとは同棲したり、別れたり、

また物件探したり、

笑点の司会者が春風亭昇太に代わったり、

お酒飲む頻度減らしたり、

でもたまに朝まで飲んじゃったり、

2日酔いのときは右手側を横向きにして寝たら良いと教わったり、

体鍛えたり、体重減らしてみたり、

ハンターハンター再開したり、

アンプのvolumeフル10のベーシストになってみたりして。

 

もっと色々あったかもしれないけど、

こんな感じのエブリデイ。

 

そして下半期の目標は、「人にやさしく」

 

上半期の反省点は、

すげー怒りっぽくなってしまったこと。

なんだかすげーイライラしまくった印象。

むかついたら、一応深呼吸して落ち着かせて、

怒鳴ったりしたことはなかったが、

顔面は相当ぶちぎれていたんとちゃうかな。

 

思い出しむかつきで、

車を運転中に「うがー!!」と叫んでみたりもした。

 

そーいえば、初詣のおみくじに、

「耐え忍んでいなければいけない場面に必要なのは辛抱と努力。最後の5分間に勝利や成功があります。」

と書いてあった。

 

これじゃあかん、このままじゃあかん。

youtu.be

この曲、上半期で1番聴いた名曲。

The BONEZ / To a person that may save someone

超名曲だと思う。

ぜひ色んな人に広まってほしい。

明日の励みにしてほしい曲だ。

 

To a person that may save someone.

タイトルを直訳をすると、

「誰かを救うことができる人に」とか、

「誰かを救えるであろう君へ」って意味かな?

ぐむむ、胸にささる言葉だ。

 

上半期に1番聴いておいて、

イライラしまくってちゃ世話ねえええーーー

 

そんなわけで下半期は、「人にやさしく」

心掛けていきます。